ラオスのルアンパバーンでお坊さんの托鉢を見学!見学できる場所まとめとオススメのホテル

こんにちは、ケンジです
2019年にラオスのルアンパバーンでお坊さんの托鉢を見学したので、その情報とオススメのホステルを紹介します。
A.托鉢が見られる場所

ルアンパバーンではいくつも托鉢が見れるスポットがあるらしいのですが、僕らは泊まっていたホステルのすぐ前で見ました。右のオレンジのラインが托鉢の場所です。

その他には、左のイエローのライン(ナイトマーケットが行われるこの通り)も托鉢のスポットだそうです
場所は変わる可能性があるらしいので、ホステル・ホテルの人に念のため確認して下さい。
僕らの泊まっていたホステルからは移動しづらかったので、一番近いところ(オレンジのライン)で見ました。

時間帯は朝5時頃
お坊さんが歩いて家の前を周り、住民がご飯をお碗の中に入れます。
おばさん達が毎日料理を作って家の前で待っているそうです。
聞いてみると、20歳までお寺に入る子供が多く、20を超えると辞めてしまうそうです。寺で勉強をさせてもらえ、衣食住が提供されるからだそうです。寺子屋制度に似てますね。
ちなみに、僕らの泊まっていたホステルからナイトマーケットの場所までの移動には、この橋を通るか、遠回りしないといけません。
しかも、この橋は少しだけお金がかかります
B.オススメのホステル
僕らが泊まったのはココです。
Villa Ban Phanluang
一泊7~8ドル(800~900円程度)で、朝ごはんも作ってくれます
自転車のレンタルもタダで、タクシーなども呼んでくれます
安全で快適、Wi-Fiも速いです。
ルアンパバーンに来たらぜひ泊まってほしいところです。

Comments

タイトルとURLをコピーしました