ラオス・ルアンパバーンの見どころまとめ

ラオス
こんにちは!ケンジです!
2019年にラオスのルアンパバーンに行ったので見どころとオススメの料理を紹介します。
ラオス・ルアンパバーンのプーシーの丘&ナイトマーケット行き方
ラオス・ルアンパバーンのクアンシーの滝への行き方・楽しみ方
基本情報
ラオスは東南アジアの社会主義共和制国家
場所はタイの北、ベトナムやカンボジアの西、中国の南に位置します。
面積は約24万㎢です。

治安情報
ラオスは落ち着いている国であまり危ないという話は聞きません。僕らも実際に旅行してみて、危ない目にあったことはありませんでした。但し、ぼったくりや置き引きなどの軽犯罪は東南アジアではどこでもあります。気を付けるに越したことはありません。
外務省が発表している危険度のランクでも危険レベルはかなり低いです。
外務省HP:https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_020.html#ad-image-0
VISA情報
ラオスへの入国は2007年から、下記の条件を満たす方はビザが必要なくなりました。
・日本国籍であること
・15日以内の滞在であること
15日以上の滞在を希望する場合は、大使館での申請が必要となります。一度ビザ免除で入国された方の現地での延長申請はできないため、一度出国の上、アライバルビザを申請する必要があります。
参考情報:http://www.lao.jp/visa.html
通貨&物価
物価はアジアの中でも比較的安いです。
旧首都ヤンゴンのホステルは1泊300円くらいからあります。
食事もローカルなお店で食べるのであれば、1食200円くらいで済みます。
通貨はキープを使っており、2020年1月現在で1キープ=0.012円となっています。
日本人以外のビザ免除対象でない方が入国する際は、空港や国境で入国税がかかります。ドルでの支払いを求められるので、予め準備しておくのが良いでしょう。
ルアンパバーン
時間が限られていた&気に入ってしまったのが原因でルアンパバーンにずっと滞在していました。飛行機でルアンパバーンへ直接へ入り、その後はタイへ寝台バスで移動しました。
この寝台バスはマジでオススメしません

ルアンパバーンで絶対見る/体験すべきオススメスポット
1.ナイトマーケット

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alex & Kenji ✴︎ World Journey(@goslowjourney)がシェアした投稿


ルアンパバーンの中心地に夕方になると出現するナイトマーケット。色々なお土産やジュース屋さん、屋台がたくさん出るので歩くだけでも楽しいです。

2.プーシーの丘

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alex & Kenji ✴︎ World Journey(@goslowjourney)がシェアした投稿


ナイトマーケットのすぐ裏にある丘です。歩いて10分程度で頂上まで到着します。丘から眺める夕焼けは絶景です。

3.クアンシーの滝

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alex & Kenji ✴︎ World Journey(@goslowjourney)がシェアした投稿


ルアンパバーンの街中から車で1時間程度の場所にある滝です。泳ぐこともできます。綺麗なエメラルドグリーンの滝は行くだけで癒されます。
4.お坊さんの托鉢

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alex & Kenji ✴︎ World Journey(@goslowjourney)がシェアした投稿


仏教徒がほとんどを占めるラオスではお坊さんが托鉢を毎朝行います。早起きして現地の人が食べ物を寄付するのを見ましょう。

ラオスに来たら食べたいオススメ料理
1.ラープ

ラオスに来たらどこでも見かける有名な料理。豚、牛、鶏、魚の種類があります。細かく刻んで炒め、ハーブをたっぷり入れて作ります。

2.カオチーサイクワン(フランスパンのサンドイッチ)

ラオスはフランス領だったこともあり、意外にフランスパンが美味しいのです。屋台でも見かけるフランスパンのバゲットサンドイッチ。是非トライしてみてください。

3.カオニャオ(もち米)


もち米を食べる文化があり、炊かれたもち米は筒の入れ物で出てきます。筒で炊かれたわけではないのですが、昔は筒で炊いていた名残りだそうです。ラープなどと一緒にどうぞ。

4.カオピヤックセン(米麺料理)

様々な麺料理があるラオスですが、米で作られた麺はのど越しが良く、美味しいです。鳥や豚の出汁を使っており、ラオスのうどんと呼ばれるほど。日本人の口に合います。

5.サイウア(ソーセージ)

屋台で見かける巨大なソーセージ。中には豚肉と香草などが入っており、東南アジアという感じの味付けです。ビールと合うので、屋台を見かけた際はサイウアを食べてください。

Comments

タイトルとURLをコピーしました