タイ・チェンライのホワイトテンプル/ワットロンクンへの行き方

タイ

タイ・チェンライのホワイトテンプル/ワットロンクンへの行き方を紹介します。
タイ旅行オススメの場所と治安情報
タイ・チェンライの見どころまとめ
【地獄注意】ラオス・ルアンパバーンからタイ・チェンライへのバス移動
タイ・チェンライからバンコクへのバス移動
タイ・アユタヤへの行き方
タイ・バンコク映画館のすすめ
タイ・バンコクのナイトマーケット(タラート・ロットファイ・ラチャダー・トレイン・ナイトマーケット)への行き方
タイ・バンコクで予防接種・ワクチンを打とう

ホワイトテンプルとは?

ホワイトテンプルとは、地獄を模して造られた寺で、ワットロンクンという名前があります。
タイの巨匠、チャルムチャイ・コーシッピパットさんがデザインしたものです。同氏はチェンライにある橋や時計台などをいくつもデザインしています。
実は建てられたのは1997年でモダンアートとしてもカウントされています。

入場料・見どころ

入場料は50B(約170円)で、入り口で払います。
中に入ると地獄の上を通り、白とシルバーで彩られた寺に入ります。
白とシルバーの寺はブッダの清廉さを表しているそう
敷地内は広く、著作権的にアウトな像やガネーシャを祀った建物があります。
歩いているだけで結構楽しいです。

ホワイトテンプルの場所
ワットロンクンはココにあります。チェンライの街中からは少し離れています

 

ホワイトテンプルの行き方

ホワイトテンプルへ行くにはバスがオススメです。
チェンライの街中のバスターミナルからバスが出ています
バスターミナルの場所はココ。

このバスに乗りましょう。観光者に親切なので、乗り場を聞くと教えてくれます。
バスは30分おきに出ていますワットロンクンまでは20~40分で着きます。
いくつかバス停に止まるので、時間は街中の込み具合次第ですね。
バス代:20B(約70円)

バスの運転手にワットロンクンに行くと伝えると、一番近いバス停で降ろしてくれます。

チェンライの街中への帰り方

バス停が大きな通りにあります。
タクシーもあるので、複数人で行く場合はタクシーでも良いかも。バスよりは高いですが。
バス代:20B(約70円)
バス停はこのPolice Stationの隣の小さな屋根付きの小屋です。

参考にしたブログ等

実際に行くにあたって、下記のブログを参考にしました。

細かく行き方が書かれています。バス以外の移動方法も書いてあるので参考になります。
https://tokiori.me/1701/

ワットロンクンの説明が詳しく書かれています。
https://www.travel.co.jp/guide/article/12231/

 

Comments

タイトルとURLをコピーしました