死海文書を見に行こう

イスラエル

こんにちは、ケンジです
イスラエルのエルサレムまで死海文書を見に行ってきました。その行き方や楽しみ方を紹介します。
イスラエル旅行のオススメの場所と治安情報
イスラエル・テルアビブの見どころまとめ
イスラエル・エルサレムの見どころまとめ
イスラエル・マサダへの行き方・楽しみ方
イスラエル・死海の楽しみ方
ヴィアドロローサの巡り方
嘆きの壁&岩のドームの巡り方
エルサレム旧市街の城壁ウォーク
オリーブ山&万国民教会・ゲッセマネの巡り方
テルアビブからエルサレム・エインゲディへの移動方法

死海文書って何?
死海文書(しかいもんじょ、しかいぶんしょ)は死海写本とも呼ばれており、その名の通り死海の近くで見つかった写本のことです。972本もあります。
20世紀最大の考古学的発見とも言われているんですが、理由は聖書の写本だから。
というのも、それまで知られていた聖書とは少し違う内容が書かれていたり、知られていない外典などを含んでいたので、みんな驚いたんですね。
その中には魔術文書まで含まれていたらしいです。

また、死海文書は発見されてから公開に至るまで、めちゃくちゃ面白いドラマがあります。
それはWikipediaなどでどうぞ
死海文書 - Wikipedia
死海文書はどこにある?

死海周辺で見つかった死海文書ですが、今はエルサレムにあるイスラエル博物館(The Israel Museum)にあります。

街中からの行き方は簡単で、バスに乗るだけ
7番のバスで行くのが楽です。9番でもたどり着けます
大通りから出ているので、捕まえやすいと思います。

注意点
  • 死海文書以外にも色々と見どころの多いイスラエル博物館、時間に余裕を持って訪れてください。
  • 死海文書の展示エリアは写真を撮ってもOKですが、フラッシュはダメでした。カメラの設定に気を付けてください。
  • 外が暑いのでバスを待ってる時間がしんどかったです。あまりに待ち時間が長ければ、涼しいところで待ってください。

Comments

タイトルとURLをコピーしました