イスラエル・マサダへの行き方・楽しみ方

イスラエル

こんにちは、ケンジです
イスラエルのマサダへ行ったので行き方や楽しみ方を紹介します。
イスラエル旅行のオススメの場所と治安情報
イスラエル・テルアビブの見どころまとめ
イスラエル・エルサレムの見どころまとめ
イスラエル・マサダへの行き方・楽しみ方
イスラエル・死海の楽しみ方
ヴィアドロローサの巡り方
嘆きの壁&岩のドームの巡り方
死海文書を見に行こう
エルサレム旧市街の城壁ウォーク
オリーブ山&万国民教会・ゲッセマネの巡り方
テルアビブからエルサレム・エインゲディへの移動方法

 

この投稿をInstagramで見る

 

צִיוֹנִי לָנֶצַח(@arvin.shullman)がシェアした投稿

マサダとは?
マサダとはヘブライ語で要塞を意味います。その名の通り、死海の傍にある山の上に作られた要塞で、紀元前120年に作られたもの。
後に、ヘロデ大王が改修して冬の間の離宮として使われていたそうです。ユダヤ戦争の際にもここに人々が籠城したという歴史があります。
行き方
マサダはエルサレムから簡単にバスで行けます。
バス乗り場に行き、チケットを買います。
マサダ行きのバス停は6階にあります。また、エルサレム行きの乗り場は6階の604です。エルサレム行きのバスは至る所に案内が貼ってあります。

バス代:35シェケル(約1,000円)

エルサレムのバス乗り場はココ

マサダへ登る
マサダの登り方は2通り
①ケーブルカー
②登山道(蛇の道)を登る
まず入場料が29シェケル(約820円)
ケーブルカーは片道:27シェケル(約760円)、往復:45シェケル(約1280円)

注意したいのはオープンが8時からというところ。
もし朝日を見たいというのであれば、自分で②登山道を登らないといけません。僕らはエインゲディで一泊したので、朝4時のツアー車で入り口まで行き、登山道を登りました。1.5~2.5時間程度です。
もし、死海でもゆっくりしたいのであれば一泊するのもオススメ。

朝4時半の登山道入り口はこんな感じ登るとめちゃくちゃ綺麗な景色が!
朝日も綺麗。大変な思いをして登って良かった。感動しました。
エルサレムへの帰り方・死海への行き方
エルサレムまではまたバスが出ています。
マサダの入り口のチケット売り場の前にバス停があるので、そこから乗りましょう。
同じく、死海(エインボケックのパブリックビーチ)行きのバスも同じところから出ています。
結構混んでいて立ち乗りでした。
オススメのホステル
僕らは死海もマサダもしっかりと時間をかけて楽しみたかったので、ココに一泊しました。
Ein Gedi Camp Lodge

http://www.booking.com/Share-FQVTJg
めっちゃくちゃ暑いので気を付けてください。

Comments

タイトルとURLをコピーしました